京からかみのできるまで

京に伝わる職人の技で、丹精を込め緻密に彫り上げられた“版木”一枚一枚、伝統の文様を丹念に刷り上げていきます。
この手間一切惜しまない丹念な製法が、“京からかみ”の優美な味わいをかもし出します。

からかみとは

 からかみは唐紙(とうし)と書きますが、その名の通り中国の唐から奈良時代に伝わった美しい細工紙のことです。当時は、上流貴族の間で手紙や詩歌を書く為の料紙として使われ、その唐紙は文字を美しく見せ愛用されていました。平安時代に京の都でからかみが生産され始めると、貴族文化に浸透し、寝殿造りの住居の襖障子にも使われ始めました。その後、時代と共に公家・武士・茶人・そして江戸時代には町方庶民に親しまれ、今もなお襖・壁紙など室内装飾の伝統工芸品として伝え続けられています。
 京からかみを簡単に言い表すと、版画の一種の様なもので、朴の木で手彫りした古くから伝わる伝統文様の版木を使います。その表面にキラ・胡粉と呼ばれる絵具を付け、和紙や鳥ノ子紙に柄を合わせながら一枚一枚、手の平で文様を写し出す伝統的な手法です。私達は今日も天保時代からの版木を使い続け、文様・絵具・道具共に古来の伝統を守り続けています。

京からかみ材料と道具

  • 布海苔(接着剤)

    布海苔(ふのり)とは、海藻の一種で、雲母・絵具の接着剤として使用します。
    じっくりと炊き上げ程よい加減になれば糊こしおけでうらごしします。

  • 乳鉢に入った絵具

    雲母や胡粉、顔料などが、布海苔、姫糊、膠(にかわ)、樹脂などの接着剤と調合されます。

  • 雲母(きら)

    花崗岩の中の薄片状の結晶を粉末にしたもので絵具として使用します。独特の光沢と白さがあり、上品に光を反射させます。

  • 胡粉

    ハマグリやカキの貝殻を焼いて粉末にしたもの。他の顔料や岩絵具と混ぜて多彩な色を出します。

  • 版木

    京唐紙の場合、そのほとんどがホオ(朴)で彫られています。手のひらで擦って文様をつけるので、深く彫ってあります。江戸唐紙では桜材が多く使われています。

  • 篩(ふるい)

    唐紙独特の道具。
    杉などの細長い薄板をまるめた枠に慣例紗やガーゼを張ったものです。これを使って絵具を版木に移します。

  • 鳥の子紙

    襖判には越前鳥の子紙を使用しております。小判では黒谷和紙や越前奉書、その他楮紙等も使用します。

鳥の子原紙一覧

参号紙

参号紙白口

浅黄鳥ノ子

濃鼠鳥ノ子

白茶鳥ノ子

桜色鳥ノ子

薄赤香鳥ノ子

灰白鳥ノ子

大礼紙

手漉参号紙

手漉参号紙雲母地引

手漉参号紙薄茶雲母地引

手漉参号紙鶯色地引

京からかみのできるまで

  • ①絵の具を作る

    接着剤として使用する布海苔を焦がさないように溶かします。

  • ②調合

    糊こしで不純物を無くし、雲母や胡粉、顔料を調合し色調を整えます。
    その日の温度や湿度によって布海苔の濃度も変わってくるので長い経験での見極めが必要です。

  • ③篩(ふるい)

    調合した絵の具を乳鉢からふるい刷毛で、すばやく篩に移します。

  • ④版木に移す

    篩でペタペタと軽く版木に押しつけて色を移します。唐紙独特の手法です。

  • ⑤紙を置く

    版木の見当にあわせて紙静かに下ろします。
    襖版などの大判は12回置き換えて連続模様を摺るので、予めキリでつけた印に合わせて紙を置いていきます。
    僅かでも狂うと、柄が切れたり重なって作品にはなりません。

  • ⑥手のひらで摺る

    版面に置いた紙の裏面を手の平で、円を描くようにように撫でて柄をつけていきます。
    手のひらで擦ることにより、印刷のようなべったり均一ではなく、すこしムラのあるむっくりとした立体的な量感のある模様が作れます。

  • ⑦ふくらみのある唐紙へ

    先程擦った紙をめくって、篩の絵の具を再度版木に移します。すなわち、同じ模様を2度刷ることになります。これは、より質感を高めふっくらとあたかかみのある風合いに仕上げる為です。

  • ⑧摺り上がり

    襖版など大判は合計24回紙を置き換えて刷り上げる事になります。熟練した職技術が必要です。
    そろりとめくって摺り上がりです。

  • ⑨乾燥

    大判のものは竹竿あるいは平干しにて乾燥させます。
    小判のものは乾燥ケースに入れます。共に自然乾燥致します。

版木の制作

当社で使用している版木で最も古いものは約180年前、天保のものです。
しかしそれらは、使われるうちに版木が割れたり、柄の一部が欠けるなど傷みが生じます。
その中より年間数点ずつ、新たに復刻版を彫り上げています。

利休 中桐 制作風景

  • 朴の木はやわらかい材質のため彫りやすく、深く彫れて線が強く出せます。
    繊細な柄には桜を用いることもありますが、いづれにしても長期間寝かされ安定した板を使用します。
    版木の大きさは12枚で一面の襖になる12枚張り板(タテ9寸5分×ヨコ1尺5寸5分)を最小に、10枚張り板(タテ1尺1寸5分×ヨコ1尺5寸5分)、 5枚張り板(タテ1尺1寸5分×ヨコ3尺1寸)があります。

  • あらかじめスクリーン型で版下作成したものを、木版に摺ります。総柄など連続した柄は、版木の左右上下の柄がうまく合うよう様に、合口を考えたデザインにしなければなりません。

  • 摺りずれをなくす為に見当を入れておきます。

  • 花びらの大きさ・間隔を均一に、そして柄の線がシャープに浮かび上がる様に慎重に仕上げてゆきます。

  • 最後に摺り出さない不要な部分を削り出します。

  • 完成した版木は乾燥状態なので、試し刷りをして一度湿気を含ませます。
    版木の収縮で動いた柄を再び微調整して完成です。

※当社では、社寺修復工事等の既存のからかみの復刻版、又御要望に合わせたデザイン作成も含めた版木製作も承っております。

京からかみの文様

京からかみの文様は、使う人々の生活感覚や、部屋の役割、その家の主の社会的地位などによって好まれるものが違います。特に部屋の果たすべき目的や雰囲気は、襖障子に描かれた文様によって大部分が決定されるとも言えます。全体的な文様の流れとしては、古代のものは中国的な文様を取り入れて硬さがあり、江戸時代以降の新しいものは、日本的自然現象を織り込んだ柔らかさが感じられます。
そして大きく区分けすると、“公家好み”“寺社好み”“武家好み”“茶方好み”“町家好み”とに分けられます。
  • 公家好み
  • 寺社好み
  • 武家好み
  • 茶方好み
  • 町家好み

PAGE TOP

JAPANESE / ENGLISH